御茶ノ水メディカルラボ徹底解説

メディカルラボ御茶ノ水校のカリキュラム・テストまとめ

メディカルラボ御茶ノ水校のテストやカリキュラムについてまとめてみた

カリキュラム

御茶ノ水メディカルラボは、完全個別主義を謳う医学部予備校ですが、 その授業カリキュラムは一体どうなっているのでしょうか?

御茶ノ水メディカルラボでは、生徒の志望大学や現在の成績などに合わせた、 一人ひとり異なった個別カリキュラムが組まれます。

個別カリキュラムを作成するために、スタートレベル判定テスト、 個人プロフィールリスト、個人面談というステップを踏みます。

それによって作成されたカリキュラムで授業が行われます。

カリキュラムの作成方針としては、志望大学に的を絞り、過去問を徹底的に分析したカリキュラムを作成するそうです。

また、基礎的な学力に不安が出てきた時に、短期間の「基礎体力」を養うカリキュラムを行います。

これは、場合によっては中学生の復讐に戻ることもあるそうです。

志望する大学が国公立か私立か、 メディカルラボは一体どのようなカリキュラムで授業やテストを行っているのでしょうか?

完全個別主義と言う事はやはり、カリキュラムも生徒によって違うのでしょうか?

そして、高校生と高卒生では、授業にどのような違いがあるのでしょうか?調べてみました。

メディカルラボ カリキュラム 違い

個別のカリキュラム

高校生か高卒生かでコースも変わってくるみたいです。

国公立の医学部を受験する生徒は「Kラボ」というコース、 私立の医学部を受験する生徒は「Sラボ」というコースになるそうです。

難関医学部を目指す生徒には、メディカルラボが業務提携しているZ会が教材や添削システムを導入しているそうです。

テストは先ほど触れたもの以外にも沢山用意されています。

生徒の個別カリキュラムを作成するためのスタートレベル判定テスト、 単元が終わったら実施される単元定着確認テスト(チェックテスト)、 医学部の傾向に特化している模試の医系模試(MLC)は医学部入試における実力判定が出来ます。

医学部大学別実力判定テストは、医系模試とは違い、大学ごとの出題傾向や形式にあわせた問題で、合格判定もでます。

その他にも校外模試を受けることも出来ます。

メディカルラボ 料金

(以下引用 http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/juku/1382804538/ より)

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/03/19(木) 16:25:20.95 ID:bqqUae0+0

1コマ150分の授業料23000円。

その他管理料、テスト代、入学金入れて冬季【11末~入試まで】と夏季【6末~8末】を除いた、 前期と後期の基本料金が600万かな。

講習は、一日最大三コマとれるが、1シーズンで一日二コマ程度取るとなると、2×60日×2.3万 約250万

夏季と冬季とで500万かな。

三コマ毎日取ったら、360万を2シーズンだ。三コマ毎日はまずないが…

自分に1000万円かけてもらって、受かるポテンシャルや、努力ができる自信をもっているなら入ればいいが、 25人近くの生徒数のうち3人弱とかしか医学部に進学でしていないのを考えると、俺は自分の子供は絶対通わせないな。 金の無駄w

(引用終わり)

ネットの情報ではありますが、医学部に合格して、実際に医師として働き始めれば回収は出来ると思います。

でも、学費は高めのようですね。

↑ PAGE TOP

2015 御茶ノ水メディカルラボ徹底解説All Rights Reserved.